サッカー速

サッカー速はサッカーに関するいろいろな
最新情報(海外、Jリーグ、高校サッカー)などをお届けします。

    2020年01月


    複雑ですね

    1 Egg ★ :2020/01/31(金) 09:31:42 ID:5j24UzNV9.net

    ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(35)が、今夏の東京オリンピック(五輪)に24歳以上のオーバーエージ(年齢制限外=OA)枠で出場する可能性が出てきた。地元紙「スポルト」の電子版が29日に報じたもので、同国五輪代表フエンテ監督が最初の大枠リストに入れたという

    3人まで招集可能なOAには、自ら五輪出場を希望するDFピケ(32=バルセロナ)とDFセルヒオラモス(33=レアル・マドリード)の2人に、MFシルバ(34=マンチェスター・シティー)の計4人が入った。

    イニエスタは30日、神戸が26日から行っている沖縄・読谷村キャンプで紅白戦に出場。この日の重慶(中国1部)との練習試合が中止となり、今季はいまだ対外試合に出場していないが、軽快な動きで何度も球をゴール前に運んだ。練習後はコメントをしなかった。

    ドイツ人の神戸フィンク監督は「五輪へ送り出すのは話し合いが必要だ。大切な選手なので、クラブを優先してほしい思いが強い」と事実上の難色を示し、三浦スポーツダイレクターも「本人が出たいと言えば、監督を含めてクラブとして快く出せるかを話し合わないといけない」と慎重な態度だった。

    神戸は今季、2月8日の横浜F・マリノスとの富士ゼロックス・スーパー杯を皮切りに50試合前後の公式戦が控えており、仮にイニエスタを五輪に派遣すれば、ACLやJ1に悪影響を及ぼす可能性が高い。

    スペインは昨年7月のU-21欧州選手権で優勝し、東京五輪の出場権を獲得。母国バルセロナ開催の92年以来、2度目の金メダル獲得を目指す。今回の五輪候補リストは3月にさらに絞られ、イニエスタがその時点でも残った場合、神戸とスペインで激しい綱引きが始まる。

    1/31(金) 6:00配信


    (出典 portal.st-img.jp)


    【【サッカー】イニエスタ 東京五輪オーバーエイジに選出!!!神戸監督は出場に難色「クラブを優先してほしい思いが強い」】の続きを読む


    目標は大事です

    1 Egg ★ :2020/01/31(金) 09:21:18.58 ID:5j24UzNV9.net

    タイで開催されたU-23アジア選手権で史上初の優勝を飾り、東京五輪出場を決めた韓国代表のキム・ハクボム監督が、30日に行われた母国での記者会見に出席し、メダル獲得を目標に掲げた一方、「少なくとも日本より良い成績を収めたい」と強気の宣言をしている。

     森保一監督率いるU-23日本代表がU-23アジア選手権でグループリーグ敗退の憂き目に遭ったなか、韓国は底力を発揮して大会を制するとともに、9大会連続の五輪出場を決めた。30日に母国で会見に臨んだキム・ハクボム監督は「優勝というタイトルを手にしたのは、監督として非常に光栄だ。韓国サッカーと選手たちの発展のために良かったと思う」と振り返っている。

     東京五輪に向けて「東京五輪では、エントリーが18人に減るという問題もある。東京は高温多湿でもあるので、その部分も考慮する」と言及。MFペク・スンホ(ドイツ2部ダルムシュタット)やMFイ・ガンイン(スペイン1部バレンシア)ら有望株の招集について問われると、「必要だと思う。所属チームとも接触した」と告白し、メンバー入りの可能性を示唆した。

    「選手たちを信じ、選手も監督を信じれば、今回のように良い成績が残る。(五輪は)隣国である日本で開催される。見方次第では、ホームのアドバンテージを得たとも言える」

     韓国は2012年ロンドン五輪で日本を破って銅メダルを獲得したなか、キム・ハクボム監督は東京五輪でも“メダル獲得”を目標に掲げ、日本へのライバル心もむき出しにする。

    「少なくとも日本より良い成績を収めたい。銅メダルという目標を設定することも可能だ」

     U-23アジア選手権で日韓の明暗はくっきりと分かれたが、東京五輪ではどのような結末を迎えるのか注目だ。

    1/31(金) 7:10配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200131-00243905-soccermzw-socc

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【サッカー】U-23韓国代表監督 東京五輪について「少なくとも日本より良い成績を収めたい」】の続きを読む



    1 豆次郎 ★ :2020/01/31(金) 14:42:50.53 ID:ITK27ywO9.net

    KeisukeHonda(本田圭佑)
    @kskgroup2017

    フィテッセから逃げ出したと言っている人達
    オリンピックに選ばれるわけないと言ってる人達
    ボタフォゴのオファーも客寄せパンダと言ってる人達
    本田圭佑の上から目線で自信満々な感じが嫌いな人達

    本当にありがとう。心からあなた達に感謝してます。そして愛してます。

    午前11:41 · 2020年1月31日·Twitter for iPhone

    https://twitter.com/kskgroup2017/status/1223073677706579969?s=21
    (deleted an unsolicited ad)


    (出典 www.projectdesign.jp)


    【【サッカー】本田圭佑が感謝!!!「五輪に選ばれるわけないと言ってる人達、自信満々な感じが嫌いな人達。本当にありがとう。そして愛してます」】の続きを読む



    1 Egg ★ :2020/01/30(Thu) 00:25:51 ID:RJ90fxFX9.net

    広島市などは当初、建設費をおよそ190億円と見込んでいましたが、関係者によりますと物価の上昇などをふまえ200億円を超える見込みとなりました。また、配置についても東側から西側に変更する方針です。

    29日の有識者会議でも、スタジアムを含め中央公園と平和公園が一体となる拠点づくりや回遊性を増す動線が重要といった意見が出ました。会議ではこのほか、広島城を含んだ周辺一帯や旧市民球場跡地の活用イメージなどが示されました。

    広島市はスタジアムの基本計画を今年度中に策定するということです。

    1/29(水) 19:48配信 動画あり
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200129-00010004-hometvv-l34


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【サッカー】広島駅前にサッカースタジアム!!!建設費200億円超か】の続きを読む



    1 Egg ★ :2020/01/30(木) 11:42:48.69 ID:rB2gkn5J9.net

    日韓関係の葛藤によって、韓国プロサッカーKリーグのほとんどのクラブが冬季キャンプ地から日本を除外したが、FCソウルだけは違った。

    韓国内プロチームのなかで唯一、例年通り鹿児島でキャンプを行う見通しだ

    2019年7月、日本が韓国をホワイト国(輸出優遇国)から除外するとして日韓に葛藤が生じると、日本に対する韓国内の世論が急激に悪化した。

    日本製品の不買運動や日本旅行をボイコットする動きが全国的に広がり、スポーツ界にも「NO! JAPAN」の風が吹いた。

    Kリーグクラブの“日本離れ”が加速
    それまで毎年、韓国のプロチームは、気候が穏やかで距離も近い日本をキャンプ地として選んできた。しかし世論が変化したことで、Kリーグのほとんどのクラブが日本での合宿をキャンセルした。

    その結果、東南アジア地域のタイが新しいキャンプ地として脚光を浴びている。22のプロクラブの半数以上となる13のクラブがタイのチェンマイ、バンコク、チョンブリーなどをキャンプ地に選んだ。

    その他のクラブは、中国、ベトナム、ポルトガル、スペイン、アラブ首長国連邦などを選択。いずれにしても“日本離れ”が起こった。

    1月28日に行われるアジアサッカー連盟チャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフがあるため、他のクラブよりも一足早くシーズンの準備を始めたFCソウルは、ポルトガルで1次合宿を行った。

    一般的に、Kリーグのクラブは1次合宿でコンディションを引き上げ、2次合宿で競技力を引き上げる。そのため2次合宿は、韓国内で気候が比較的暖かい南部地方でキャンプを行い、試合感覚を積むことが多い。

    FCソウルもプレーオフを行った後、2次合宿を計画している。

    FCソウルの日本キャンプは以前から決まっていた?

    FCソウルの選択肢は、日本の鹿児島だった。FCソウルの関係者は先立って「韓国内の合宿が決まらなかった。気象条件を調べている」と明らかにしたことがある。

    しかし1月20日、FCソウルの事情をよく知る関係者は、「1月31日に出国して2月6日に入国する予定で、短い合宿を行う予定」とし、「合宿のスケジュールは昨年12月から決まっていたのだろう」と伝えた。

    つまり日本でのキャンプをあらかじめ組んでおいて、韓国内の世論などを見極めながら、最終的に鹿児島での合宿を決定したということになる。

    FCソウルは過去10年間、鹿児島でトレーニングに励んできた。チームの伝統を守る点は、プロスポーツにも必要な部分だ。

    ただ、まだ日韓関係に対する感情が和らいでいない現状のなかで、韓国世論を無視するような選択はファンの目にどう映るだろうか。

    スポーツソウル
    https://sportsseoulweb.jp/sports_topic/id=9245


    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    【【サッカー】“日本離れ”が加速する韓国Kリーグ、、、どうなる??】の続きを読む

    このページのトップヘ