サッカー速

サッカー速はサッカーに関するいろいろな
最新情報(海外、Jリーグ、高校サッカー)などをお届けします。

    2019年12月



    1 豆次郎 ★ :2019/12/31(火) 17:10:57.15 ID:s1G3LAIo9.net

    KeisukeHonda(本田圭佑)
    @kskgroup2017

    もし、自分が将来、何で勝負していくべきか分からないなら、禁欲できるコトや分野が見つかれば、それが1つの答えです。

    午後5:09 · 2019年12月31日·Twitter for iPhone

    https://twitter.com/kskgroup2017/status/1211922191199039491?s=21
    (deleted an unsolicited ad)


    (出典 www.football-zone.net)


    【【サッカー】本田圭佑「自分が将来、何で勝負していくべきか分からないなら、、、」】の続きを読む



    1 Egg ★ :2019/12/30(月) 19:53:42.52 ID:4Tqfoosy9.net

    12月23日にオランダ1部フィテッセを退団したMF本田圭佑は無所属となっているなか、日本人選手が3人在籍しているベルギー1部シント=トロイデンが新天地候補として急浮上している。現地メディア「VoetbalBelgie」は「皇帝ケイスケが新選手?」と報じた。

     昨季限りでオーストラリア1部メルボルン・ビクトリーを退団した本田は、しばらく無所属の状態が続くも、今年11月にかつてプレーしたオランダリーグに復帰。フィテッセでリーグ戦4試合に出場したが、本田獲得に動いたレオニード・スルツキー監督が辞任し、出番が減っていた。

     恩師の後を追うように12月中旬にフィテッセ退団が決まり、本田はクラブ公式サイトを通じて「僕はクラブを去ることを決めた。僕がここに来たのは状況を変えるためだった。それがミッションだったが、できなかった」と吐露。さらに「スルツキーはクラブを去った。少なくともその責任を感じている。だから冬の後もここにいることはできない」と理由を明かしていた。

     そんな本田の新天地候補として、日本企業DMM.com社の傘下にあるベルギー1部シント=トロイデンが浮上している。現地メディア「VoetbalBelgie」は「皇帝ケイスケがシント=トロイデンの新選手?」と見出しを立てて特集。現在、シント=トロイデンにはFW鈴木優磨、FW伊藤達哉、GKシュミット・ダニエルの日本人トリオが在籍しているが、本田加入の意味は大きいという。

     記事では「スルツキーの退任後、本田の契約はクラブとの合意のうえで破棄された。本田は無所属だ。シント=トロイデンは補強を求めており、商業的に興味深い選手を探している」と伝えている。

    移籍を後押しする“別の要因”とは? 現地メディア指摘「ホンダも舞い降りるかもしれない」

     また現地メディアは、本田の移籍を後押しする他の要因についても言及。それはメルボルン・V時代の恩師であるケビン・マスカット監督の存在だ。

     マスカット監督は1月からシント=トロイデンのテクニカルディレクターとして働く。欧州で指揮を執る際に必要なUEFA監督ライセンスを持っていないものの、当面はクラブでの仕事に従事しながら取得を目指し、取得後は監督就任の可能性もあるという。そうした状況を受けて、記事では「蛙の子は蛙(子は親と似た道を歩むもの)。シント=トロイデンはケビン・マスカットと働く。ホンダもスタイエン(本拠地)に舞い降りるかもしれない」と独自の見解を示している。

     恩師スルツキーが就任したロシア1部ルビン・カザンも候補として報じられるなど、33歳の日本人アタッカーを巡って様々な情報が飛び交っている。古巣VVVフェンロも「皇帝ケイスケ」と呼び、かつて決めた30メートル超絶ミドル弾のゴール映像を公開していたが、果たしてベルギーでその勇姿を見ることができるのだろうか。

    12/30(月) 6:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191230-00237589-soccermzw-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【サッカー】本田圭佑 シント=トロイデン移籍か!!!??】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/31(火) 06:32:27.47 ID:mFIW8gen9.net

    サッカースペイン1部リーグ、マジョルカが日本代表MF久保建英のレンタル継続に意欲-。久保の代理人と所属元のレアル・マドリードに対し来季以降もレンタル移籍を継続できるよう働きかけを始めたという。
    マジョルカの地元一般紙ディアリオ・デ・マジョルカが伝えた。

    同紙によるとあくまでマジョルカの1部残留が大前提。その上で久保がプレー継続するようクラブ最高経営責任者(CEO)のマエタ・モランゴら代表者が動いている。
    久保のスペインリーグへの適応、潜在能力はスペインでも高く評価されており、経済的メリットやメディア注目度も高く、レアル・ソシエダなど格上を含めた複数クラブと競合するのは必至。
    獲得戦線はピッチでの戦いぶりとともに苦戦が予想されるが、引き留めに全力を挙げるという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-00000122-dal-socc
    12/30(月) 22:15配信


    (出典 img.footballchannel.jp)


    【【サッカー】マジョルカが来季の久保引き留めにかかる!!!】の続きを読む



    1 久太郎 ★ :2019/12/29(日) 10:22:28.43 ID:gmb8JNgg9.net

    ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、将来について言及した。『フットボール・イタリア』が伝えている。

    スポルティング・リスポンでプロキャリアをスタートさせ、これまでマンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリー、ユベントスでプレーしてきたC・ロナウド。これまで5度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇に加え、6度のリーグ優勝に導き、個人としても5度のバロンドールを獲得するなど、長らくフットボール界のスターとして数えられてきた。

    そんなC・ロナウドがドバイ国際スポーツカンファレンスで引退後の生活について語った。その中でやりたいことの一つに俳優になることを挙げている。

    「僕は常に困難に立ち向かう準備ができている。人生で悪い時期を過ごしたことはないよ」

    「いつも勝利のためにプレーする。僕の体がピッチ上で正しく反応しなくなった時に、辞めるだろう。何年か前は30歳、32歳で引退するのが理想とされてきた。でも今は40歳の選手もいるね」

    「サッカー選手を引退したら、勉強したいと思っている。自分の疑問をすべて解決することができていないからね。今、魅力的だと思っているのは、映画俳優になることだ」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191229-00367172-usoccer-socc


    (出典 sakaneta.com)


    【【サッカー】C・ロナウド、引退後は映画俳優デビュー!!!?】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/31(火) 08:14:35.47 ID:mFIW8gen9.net

    仏1部リール在籍の20歳FWオシムヘン、今季13ゴールと好パフォーマンスを披露

    来年1月1日から日本代表MF南野拓実が加入するリバプールが、来夏にリールのナイジェリア代表FWヴィクター・オシムヘン獲得を希望しているようだ。

    英紙「デイリー・エクスプレス」が伝えている。

    20歳のオシムヘンは昨季、ヴォルフスブルクから期限付き移籍で加入したベルギー1部のシャルルロワで20ゴールを記録。
    今年7月にコートジボワール代表FWニコラ・ペペをアーセナルへ放出したリールに加入したばかりだが、
    ここまですでに公式戦13ゴールを挙げていて、10月にはリーグ・アンの月間最優秀選手に選ばれている。
    また、アフリカサッカー連盟(CAF)の2019年年間最優秀若手選手賞の候補にも名前が挙がっている期待の新星だ。

    リバプールは昨季、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇を果たし、今季はプレミアリーグで首位を独走するなど“黄金期”を迎えている。
    文字通り「世界一」のクラブとなっているが、2年連続のプレミア得点王に輝いたエースのエジプト代表FWモハメド・サラーは、44ゴールを記録した2年前ほどの活躍を披露できていない。
    その一方、攻撃陣の質を高めたいリバプールには、来年から南野の加入が決まっている。

    そんななか、複数のプレミアリーグクラブが注目しているとされるオシムヘンに、リバプールも関心を示している。
    リールは将来有望のオシムヘンを手放すまでは時間の問題と心得ているようだが、フランス国内では1月の移籍市場で放出する気はないと報じられていて、
    少なくとも来夏まではリールに残りことになるようだ。

    ドルトムントのサンチョやPSGのムバッペもリストアップ、獲得に向けた問題は…

     リバプールは、ドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョやパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペ獲得に向けて動くと大きく伝えられているが、ユルゲン・クロップ監督はムバッペに関する憶測は否定。サンチョについても、「いい選手」と称賛していたが、現時点で話すことはなにもないと口を閉ざしている。

     ただ、いずれにしても“費用”は問題のひとつだと認めていて、大きく期待を寄せる南野を獲得した際にリバプールにかかった費用はわずか725万ポンド(約10億円)。
    リールとの契約が残り4年半となっているオシムヘンに関しても、金額はネックになりそうだ。

    将来的に南野のライバルとなる可能性もあるオシムヘンだが、果たしてプレミアリーグに参戦することになるのだろうか。

    12/31(火) 7:20配信
    1https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191231-00237485-soccermzw-socc


    (出典 i.imgur.com)


    【【サッカー】南野のライバル候補 リバプールがナイジェリア代表の新星FW獲得!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ